1:扉を外して、分解し裏板や取っ手を取り外す。
2:扉板を洗って表面に薄く水を塗り、ミニ壁紙を貼る。
3:気泡や水泡を追い出してシワや弛みを取り去る。
4:元通りに組み立てて、棚と扉が密着するよう調整しながら取り付ける。

…といったところです。

難しかったのは3の作業でしたね。キレイに水を抜いたと思っても、少し時間が経つと細かい水がまた集まって水泡が出来、なかなか取り切れませんでした。その作業に時間をとられて、扉1枚当たりだいたい1時間近くかかりましたよ。あせあせ(飛び散る汗)

でも丁寧にやっただけの出来映えにはなりましたね。見た目も温かみがあって結構良いと思います。

…が、長女には趣味に合わないらしく、かなりブーイングをもらってしまいました。みんながみんな気に入るわけではないのは仕方ないですが、少し残念ですねぇ。

さて、次は何をリフォームしましょうか……。ほっとした顔